【第3回:APIレポート作成を活用しよう】レポート設定を作成して、レポートを作ろう

1.前回までと今回

前回は、「アカウント管理(API)」にリスティング広告のアカウントを登録しました。
今回は、リスティング広告のデータを元にレポートを作成します。

APIレポート作成に入り、「新規作成」ボタンを押します

%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e4%bd%9c%e6%88%90api%e6%96%b0%e8%a6%8f%e7%99%bb%e9%8c%b2%e7%94%bb%e9%9d%a2

2.各種項目の設定

以下の様な画面が現れます。各種項目を設定していきましょう。

%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e9%9d%a2

2.1.レポート設定名

リスケット上でレポートの設定を保持する際の名前です。
レポート設定名は「お客様名_作成頻度(月次・日次など)_形式(定型・オリジナル)」がお勧めです。

例として「デモアカウント1_月次レポート」とします。

%e3%83%87%e3%83%a2%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%881%e6%9c%88%e6%ac%a1

2.2.テンプレート設定

レポートに使用するExcelテンプレートを選びます。
期間-コンバージョンの種類-インプレッションシェア(IS)の有無を元に適切なテンプレートを選びます。

例として、「定型_前月(CVあり・ISあり)」を使用します。

 

2.3.手数料設定

レポート全体の数値に、手数料(パーセンテージ)をのせることができます。
例として「20%」を設定します。

%e6%89%8b%e6%95%b0%e6%96%99%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

2.4.スケジュール設定

レポートを自動生成するスケジュールを設定できます。
例として「毎月1日」に生成する設定をします。

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%ad%e5%ae%9a

2.5.データソース設定

レポートを作成するデータの元となるアカウントを設定します。
例として「デモアカウント1」を4媒体分するとします。

また、この設定の際に合わせて「データON・OFF設定」も調整を行います。

%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%e8%a8%ad%e5%ae%9a

2.6.Excelに生成するタブを選択する

データON・OFF設定ではなく、こちらの機能で生成するタブを選択することも可能です。

01

2.7.出力設定

レポートの出力先と、レポートのファイル名を設定することが出来ます。

%e5%87%ba%e5%8a%9b%e5%85%88%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

・出力先フォルダ
初期設定ですとリスケットの「ストレージ」上にそのまま出力されます。
例えばお客様毎のフォルダを作成して出力をすることも可能です。

・ファイル名
レポートの名前を設定することが出来ます。
リスケット上で有効な特殊なタグを使用することで、ファイル名に作成日付などを含めることが可能です。
例として「%レポート生成実行日#yyyymmdd%デモアカウント1_月次」と名付けることとします。

 

2.8.定数設定

%e5%ae%9a%e6%95%b0%e8%a8%ad%e5%ae%9a

レポート内に使用する定数を入力します。
今回使うテンプレートの中には「顧客名」が定数として設定されていますので
例として「デモアカウント1」を入力をします。

※高度な設定
こちらで詳細を解説しています。
レポートの内部を調整することが可能ですが基本的には使用せずとも問題はありません。

3.保存

レポート設定を保存します。

%e4%bf%9d%e5%ad%98

「保存してレポート生成」を選ぶこともできます。
今回は「保存」を選びます。

4.レポートの作成

保存を押すと、レポート設定名一覧の画面に遷移します。
「レポート作成」のボタンを押すと作成を開始します。

%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%a8%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

5.ダウンロード

以下のようにダウンロードボタンが現れたら、ダウンロードが可能です。レポートダウンロード

これで、リスケットへのアカウント登録からレポート作成までをおこなうことができました。
次回からは、より活用を図る応用編をお送りします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートページで解決できない場合

お問い合わせ

お客様のトラブルを効率よく解決するため、お問い合わせ前にこちらをご一読ください