【9/9(水)内容変更予定】【ダッシュボード・顧客用ダッシュボード】Facebook広告のコンバージョンデータの取り扱いについて

2020/08/26
2020/9/2(水) 17:00 追記本記事については2020/9/9(水)12:00頃に内容変更予定の内容です。更新された内容については、こちらの記事をご確認いただけますと幸いです。ご案内が二転三転してしまい申し訳ございませんでした。

Lisketユーザー各位

いつもLisketをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、下記ツールにおいてFacebook広告の標準イベントのコンバージョンが取得可能となりました。

  • ダッシュボードツール
  • 顧客用ダッシュボードツール

上記ツールについて、Facebook広告のコンバージョンはカスタムイベントのみを数値として出力しておりましたが、2020年8月28日(金)より標準イベントとカスタムイベントの合計をFacebook広告のコンバージョンとして出力するようアップデートを行います。イメージ図は以下の通りです。

イベントカテゴリ イベント名 コンバージョン数
標準イベント 登録完了 3
標準イベント 購入 5
標準イベント リード 2
合計(標準イベントのみ) 10
カスタムイベント カスタム1 1
カスタムイベント カスタム2 1
カスタムイベント カスタム3 3
合計(カスタムイベントのみ) 5
全合計(標準イベント+カスタムイベント) 15

ダッシュボード・顧客用ダッシュボードで、標準イベントをコンバージョンとして計測しているFacebook広告アカウントを設定されている場合、2020年8月28日(金)以降、Lisketの管理画面上でコンバージョン数が増加いたします。過去配信分も標準イベントとカスタムイベントの合計をコンバージョン数として表示いたしますので、ご留意いただけますと幸いです。

アップデート日時

  • 2020年8月28日(金) 12時頃

APIレポート作成ツールについて

APIレポート作成ツールのFacebook広告レポートについて、デフォルトご用意しているレポートテンプレートでは、引き続きコンバージョンとしてカスタムイベントのみの数値を出力しています。

ご希望のユーザー様にはFacebook広告レポートのコンバージョンが標準イベントとカスタムイベントの合計となったレポートテンプレートを配布しております。

詳しくはこちらの記事の手順に沿ってお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

本件に関するご不明点がございましたら以下よりお問い合わせ下さい。

引き続き快適なツールの開発を目指し、アップデート進めてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加