一部のTwitter広告アカウントのAPIレポート作成ツールについて

2020/01/10

Lisketユーザー各位

いつもLisketをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

現在、一部のTwitter広告アカウントについてAPIレポート作成時に、管理画面の数値とレポートの数値に乖離が出ている状況が発生しております。

原因はTwitter側のAPIの問題ということが判明しております。

影響範囲

一部のTwitter広告アカウントにおけるAPIレポート作成

対処策

申し訳ありませんがTwitter社のAPI修正がされるまで対処策はございません。

【※打開策1】
レポートの再生成を試していただくと、管理画面の数値と同じ正常なレポートが作成される可能性がございます。

【※打開策2】
一部のレポート項目については、管理画面からCSVデータをダウンロードし、Excelレポートの「rawシート」に対象のデータを転記することで、管理画面の数値と同じ正常なレポートが作成可能となります。手作業にはなりますがその点ご容赦くださいませ。

復旧目処

  • 不明

Twitter社からの回答があり次第、改めてお知らせいたします。

皆様には大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。
快適なツールの開発を目指し、アップデート進めてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加