ストレージの使い方

ストレージツールとはLisket上のデータ格納領域のことです。「APIレポート作成ツール」で作成したレポートは「ストレージ」に自動的に格納されます。

作成されたレポートは「APIレポート作成ツール」のレポート設定一覧からダウンロードするか、ストレージにアクセスしダウンロードすることができます。

1.ストレージツールにフォルダーを作成する

ストレージツールに案件ごとのフォルダーを作成することで、生成されたレポートを整理することができます。確認したいレポートを探すときなどに便利です。

作成方法は2パターンあるので、下記ご確認下さい。

1.1.方法その1

ツールから「ストレージ」を選択し、「フォルダのアイコン」をクリックします。

すると、下記のポップアップが出てくるため、任意のフォルダ名を指定して「新規フォルダを作成」をクリックするとストレージが作成されます。

1.2.方法その2

APIレポート設定画面から、出力先フォルダの「変更」をクリックして下さい。

クリックすると下図のポップアップがでてくるため、「フォルダを作成」ボタンをクリックして下さい。

すると下図のポップアップに遷移するため、任意のフォルダ名を設定して「OK」ボタンを押して下さい。

2.作成したフォルダをAPIレポート設定に紐付ける

デフォルトではレポートの出力先フォルダーはルートディレクトリに設定されています。該当のAPIレポート設定に作成したフォルダを紐付けることで、そのフォルダ内に自動的にレポートが生成されるようになります。

紐づけ方法

APIレポート設定画面から、出力先フォルダの「変更」をクリックして下さい。

クリックすると下図のポップアップがでてくるため、「+」ボタンをクリックして下さい。

すると作成されたフォルダが出てくるため、作成したフォルダを選択して「OK」ボタンを押して下さい。

レポート設定画面に戻ったときに、選択したフォルダが出力先フォルダーに設定されていたら「保存」ボタンをクリックして紐づけ完了です。

3.ファルダ・ファイル共有機能について

お客様にURLとパスワードを共有することで、ストレージ内に格納してあるフォルダやファイルをオンラインで確認してもらうことができます。

共有方法

ツールから「ストレージ」を選択し、オンライン上で共有したいフォルダまたはファイルの「共有」ボタンをクリックします。

クリックすると下図のポップアップが表示されるため、任意のパスワードを設定し「共有リンクを作成」ボタンをクリックして下さい。

すると下図のホップアップに遷移します。①②どちらのURLでもお客様に同じ画面を共有できます。

①②の違いとしては、画面共有したときに①はLisketのロゴ表示があり、②はLisketのロゴ表示がないという仕様になっております。任意で指定したパスワードとともにご都合の良いURLをお客様に共有下さい。

4.フォルダ・ファイル検索機能について

作成したフォルダやレポートファイルを検索し、簡単に探し出す事ができる機能です。探し出す条件としては、下記の4つがあります。

  1. フォルダ・ファイルの名前
  2. フォルダ・ファイルにつけたタグ(ラベルのようなもの)
  3. yyyy年mm月dd日以降に作成されたもの
  4. yyyy年mm月dd日以前に作成されたもの

検索方法

ツールから「ストレージ」を選択し、下図の検索窓の「▼」ボタンをクリックすると検索窓が表示されます。上記の①~④の条件を指定して「検索」ボタンをクリックするとフォルダやファイルの検索をすることができます。

また下図の通り、検索した条件を「この検索条件を保存」ボタンを押すことで保存することができます。

「保存済み選択条件から選択」をクリックすると下図のホップアップが表示され、次回以降も同じ条件で検索することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加