広告アカウントで連携エラーが発生したことがわかるようになりました

2018/12/20

機能改善

広告アカウントの連携エラー状況を表示

APIアカウント管理・APIレポート作成・ダッシュボードにおいて、媒体APIからのデータ取得時にエラーが発生している広告アカウントに専用のアイコンを表示するようにしました。

ご利用中の広告アカウントにおいてエラーが発生した際は、Google・Facebook・Twitterについては各媒体のAPI利用設定から再認証していただき、Yahooについては各アカウントの「編集」から現在のAPIパスワードを入力して更新いただくようお願いいたします。
なお、再認証していただいた後、Lisket上でエラー状態が解除されるまでには最大1時間程度かかりますので、予めご承知おきください。

なお、エラー状態となった広告アカウントを利用してレポート作成を行うことはできません。

このエントリーをはてなブックマークに追加