タグ監視ツール

1.タグ監視ツールとは

サイト内に設置されているタグ(Googleタグマネージャータグ・GoogleAnalyticsタグ・広告媒体のタグ各種など)が、意図した文字列でサイト内に設置されているか定期的に監視できるツールです。

「タグ監視ツール」では、以下のようなお悩みをお持ちの方にオススメしたいツールです。

※本ツールは無料ツールのため、2週間のお試し期間経過後も引き続きご利用いただけます

こんなお悩みありませんか?

  • アクセス解析ツールを導入しているので、タグに不備があると計測ができなくなり困ってしまう。
  • サイト内の改修が頻繁にあるため、改修中にタグを誤って消してしまったらなるべく早く知らせて欲しい。
  • リスティング広告の配信に伴ってCV計測をしており、タグ計測に不備があると効果検証が正確にできなくなってしまう。

「タグ監視ツール」を利用することで、毎日朝7時にシステムが対象ページのHTMLソースを確認します。タグが意図した文字列で設置されていない場合、指定したメールアドレスにアラートメールを受け取ることができるため、いち早くタグの不備に気付くことができます。

全てのユーザー様が設定数「10個」まで無料でお試しいただく事ができますので、是非ご利用ください。

「タグ監視ツール」のご利用はこちらから。

2.使い方

Lisketのツール一覧より、「タグ監視ツール」を選択します。画面左上の「新規作成」ボタンをクリックすると、設定画面に遷移します。設定項目を上から順番に解説します。

2-1.監視するURL

システムがタグの設置を確認するページを設定します。上の画像の赤枠の部分に、対象のURLを設定してください。

注意事項お客様がWebブラウザで閲覧した場合に取得されるHTMLと、当ツールで取得したHTMLが同一ではない場合がございます。

次に、監視するタグを設定します。すでにお手元に対象のタグをご用意されている場合、「監視するタグ」の設定にお進みください。

ご用意のない方のために、HTMLソースを取得・表示する機能を用意しております。Webサイトに設置済みのタグをコピーしたい方はご活用ください。「監視するURL」を指定し、その下の「HTMLソースを表示する」ボタンをクリックすると、指定したURLのHTMLソースを表示することが可能です。

2-2.監視するタグ

監視するタグは2種類まで設定することが可能です。1種類のみでの設定も可能ですが、Googleタグマネージャーのように、タグが2種類に分かれている場合は、それぞれ分けて指定してください。

「タグ監視テスト」ボタンをクリックすると、指定したURLに指定したタグが設定されているか即座にチェックすることが可能です。

2-3.アラート送信先

「タグ監視ツール」では、指定したURLに監視しているタグがなかった場合、設定したメールアドレス宛にアラートメールを送信することが可能です。Lisketへのログイン時に使用しているメールアドレスか、任意のメールアドレスを指定できます。

アラートメールでは以下の内容が届きます。メールソフトのフィルタ設定などにご活用ください。

件名
【Lisket】タグ監視ツール チェックエラー通知

本文
(※ユーザー名が入ります※)様

監視しているタグにてエラーがありましたのでお知らせします。

■対象のURL
(※監視するURLが入ります※)

■エラー内容
(※エラー内容が入ります※)

■チェック日時
(※チェック日時が入ります※)

■設定名
(※設定名が入ります※)

■検索ラベル
(※検索ラベルが入ります※)

■設定ページURL
(※タグ監視ツールに設定されている設定ページURLが入ります※)

2-4.監視ステータス

「監視ステータス」をONにしておくと、毎朝7時にシステムが対象のURLを確認します。もし、タグに不備があった場合は、指定したメールアドレス宛にアラートメールをご連絡します。

「監視ステータス」をOFFにしておくと、タグの確認は実行されません。

2-5.設定名

「設定名」を指定してください。案件名や、監視対象のサイト名、顧客名など任意の内容を設定いただくことが可能です。

2-6.検索ラベル

設定一覧の中から、対象の設定を見つけやすいように、「検索ラベル」を設定することが可能です。案件名や、監視対象のサイト名、顧客名など任意の内容をカンマ区切りで複数個設定できます。

3.使用例

設定したい内容が下記情報の場合、実際に登録する際の設定は画像のようになります。

  • 監視するURL
    https://hogehogehoge.com
  • 監視するタグ タグ1
    <!– Google Tag Manager –>
    <script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({‘gtm.start’:
    new Date().getTime(),event:’gtm.js’});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
    j=d.createElement(s),dl=l!=’dataLayer’?’&l=’+l:”;j.async=true;j.src=
    ‘https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id=’+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
    })(window,document,’script’,’dataLayer’,’GTM-HOGEHOGE123′);</script>
    <!– End Google Tag Manager –>
  • 監視するタグ タグ2
    <!– Google Tag Manager (noscript) –>
    <noscript><iframe src=”https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-HOGEHOGE123″
    height=”0″ width=”0″ style=”display:none;visibility:hidden”></iframe></noscript>
    <!– End Google Tag Manager (noscript) –>
  • アラート送信先
    hoge@hogehogehoge.com
  • 監視ステータス
    ON
  • 設定名
    株式会社サンプル様_タグマネージャータグチェック
  • 検索ラベル
    株式会社サンプル様,hogehogehoge.com,GTM

3-1.タグ監視履歴

設定画面の右側には、タグの監視履歴が表示されます。「監視ステータス」をONに設定すると、毎日タグの確認が行われますので、不備がなければ下の画像のように表示されます。

タグ設定に不備がある場合、監視履歴は以下のような結果が表示されます。エラー内容を確認いただき、タグの設定に不備がないかご確認をお願い致します。

「タグ監視ツール」はこちらからご利用いただけます。

ツールに関するご質問やご要望は、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加