広告レポートCSV

Google AdWords

期間を「先月」に設定し、レンチマークの左の「レポート機能」ボタンをクリックします。

表示されたプルダウン項目から、「事前定義レポート」→「基本」→「広告」を選択します。

画面左上の「ハンバーガーメニュー」をクリックすると、画面左に各項目が表示されます。レポートに含めたい項目全てを、ドラックアンドドロップで行項目と列項目に追加します。

レポート作成時の注意点として以下の3つがあります。

注意点

  1. 行項目の「広告の状態」「広告」は順番を厳守して追加してください。
    行項目の一番左側に「広告の状態」、次に「広告」の順序で列挙してください。
  2. レポート作成時に必要となりますので、「表示回数」を列項目に追加してください。

画面右上の「ダウンロード」ボタンをクリックして、レポートをダウンロードします。

ご注意ください CSVダウンロードの詳細な手順やトラブルについては、Lisketのサポート範囲外となります。
大変お手数ですが、Yahoo!社またはGoogle社に直接お問い合わせください。
各社のお問合せ窓口についてはこちらをご参照ください

Yahoo! SS

「広告管理:スポンサードサーチ」のタブを開きます。

4

アカウントを選択します。

5

「レポート」をクリックし「新規レポートを作成」をクリックします。

6

オプションを次のように指定して「作成」をクリックします。(広告レポート、表示項目:すべてチェック、集計期間:先月)

7

8

レポートの作成が終わるとレポート一覧が更新されます。「ダウンロード」リンクからダウンロードしてください。

9

ご注意ください CSVダウンロードの詳細な手順やトラブルについては、Lisketのサポート範囲外となります。
大変お手数ですが、Yahoo!社またはGoogle社に直接お問い合わせください。
各社のお問合せ窓口についてはこちらをご参照ください

YDN

「広告管理:YDN」のタブを開きます。

10

アカウントを選択します。

11

「レポート」をクリックし「新規レポートを作成」をクリックします。

12

オプションを次のように指定して「作成」をクリックします。(広告レポート、表示切替:画像名、表示項目:すべてチェック、集計期間:先月)

※ 特に、表示切替で画像名を選択していないと、テキスト広告とイメージ広告の識別ができなくなってしまいますので、ご注意ください。

13

レポートの作成が終わるとレポート一覧が更新されます。「ダウンロード」リンクからダウンロードしてください。

14

ご注意ください CSVダウンロードの詳細な手順やトラブルについては、Lisketのサポート範囲外となります。
大変お手数ですが、Yahoo!社またはGoogle社に直接お問い合わせください。
各社のお問合せ窓口についてはこちらをご参照ください
このエントリーをはてなブックマークに追加