Lisketにおける小数点以下の金額取り扱いについて

Lisketユーザーの皆様

先般お伝えした【重要】YDNにおける小数点以下の金額取り扱いの影響についてに関連して、2018年6月20日のYDN APIのバージョンアップ後のLisketの小数点以下金額の取扱について下記の通り統一をさせていただきます。

また、6月20日のAPIバージョンアップ後速やかにLisketのシステム改修を行い、6月中には下記の仕様に沿ってAPIレポート、ダッシュボードの金額が取り扱われるようになります。

APIレポートが出力するExcelのYDN金額については、Excelの仕様上四捨五入による整数表記を採用しております。YDNとしては、小数点以下を切り捨てた整数表記を採用しておりますので、場合によって1円の誤差がでることになります。

例) 101.876円の場合の処理
YDN準拠での処理:101円

APIレポートが出力するExcelでの処理:102円
※セルには101.8760が入力されているが表示形式上四捨五入されている

このエントリーをはてなブックマークに追加