カスタムレポート作成

LisketのAPIレポート作成では、テンプレートのデータフィルタを使った柔軟な期間指定が可能で、かなり多くの定型レポートを少数のテンプレートで運用することが可能です。しかし、同じテンプレートでも、今回のみデータの期間を少しだけ変更してレポートを作りたいといったニーズは、現場でたくさんあります。そのような場合に利用できるのが、「カスタムレポート作成」機能です。

カスタムレポート作成の操作手順

カスタムレポート作成を行うには、レポート設定一覧画面で各レポート設定行の右側にある「レポート作成」ボタンの右側についた「▼」ボタンをクリックして、ドロップダウンで表示される「カスタムレポート作成」をクリックしてください(下図)。

1

カスタムレポート作成用の画面(下図)では、今回のみ利用するレポートの手数料設定や、レポートのテンプレートにセットされているデータフィルタごとに対象期間をセットできます。

全データフィルタの対象期間を一括で変更することも可能です。

  • 前日
  • 当月(前日まで)
  • 前月
  • 過去7日間
  • 過去14日間
  • 過去30日間
  • 前週の平日
  • 前週(月~日)
  • 前週(日~土)
  • 高度な設定:何ヶ月or週or日前から、何ヶ月or週or日間のあいだ
  • カスタム:自由に日付を選択

たとえば「日別」で取得しているデータの対象期間を、今回のみ「10月10日から11月09日」といった固定日付の期間にしたい場合は、左側で「日別」をクリック(①)してから、右側の対象期間で「カスタム」を選択し、日付を入力します(②)。

日付以外にフィルタを追加したり、データの並べ替えも設定可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加