APIレポート応用編~地域別レポートの出力方法~

地域別レポートの出力が、2017年11月13日に追加されました。
それと同時に、こちらが提供している『地域別レポート(概要・詳細・日本地図)_前月』テンプレートを配布いたしました。
このマニュアルでは、そのレポートの出力方法を案内します。

1.APIアカウント管理で、地域のデータ取得をオンにする

APIアカウント管理の画面に入り、地域のデータ取得を行いたいアカウントの『編集』ボタンをクリックします。
※注意 地域データはデフォルトでは取得していないので、必要に応じてデータ取得をオンにしてください。
※注意 2017年12月現在、Google,GDN,Yahoo,YDNの地域のみ取得しております。

編集ボタンを押すと以下のような画面に遷移します。

「地域関係」のチェックボックスをオンにして、「更新」ボタンをおしてデータの更新を開始します。

データの取得が開始されますので、APIアカウントのAPIデータ取得状況が以下の画像のように「OK」になるまでお待ちください。

データ取得の下準備は以上です。

2.レポート設定での設定方法

APIレポート作成の設定画面に遷移し、通常のとおりレポートを作成する流れで作業を行ってください。
選択するテンプレートを、『02』フォルダの中から「地域別レポート(概要・詳細・日本地図)_前月」を選択ください。

そのまま、その他の箇所の設定は実行くだされば、作成することが出来ます。

補足:レポートのタブについての説明

今回提供している地域別レポートは、以下のような構造になっております。
不要なタブは出力しないように、オフに切り替えてください。

  • 地域別…地域別のデータが数値で並ぶシートです。日本で言うと都道府県単位です。
  • 地域別詳細…地域別の更に詳細のデータが並ぶシートです。日本で言うと市区町村単位などの詳細です。
  • 地図…都道府県別の数値がビジュアライズされた状態で出力されます。

地域別タブは以下のような見た目になっております。

 

地図タブは以下のような見た目になっております。

 

ぜひご活用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートページで解決できない場合

お問い合わせ

お客様のトラブルを効率よく解決するため、お問い合わせ前にこちらをご一読ください